2009年11月の記事一覧

調教動画

調教動画とは

調教動画とは女性を男性の思いのままに服従させ、従属させ、その心身共に男性の意図するままに教え込む過程を描いた動画である。

→ 調教動画はこちら

調教という言葉からイメージするのはやはり動物に芸を仕込むさまだろう。

この動物に対して使う『調教』と言う言葉をあえて人間、それも女性に対して使ったのが調教動画ということになる。

通常、動物の調教であればアメとムチにより芸を仕込むのが通常の調教方法であろう。

しかし人間、それも女性を調教すると言う場合、はたしてどうだろうか?

女性が調教されることを望むのであれば男女合意のもと調教が行われるが、そうでない場合、女性が望まないにもかかわらず男性から強制的に調教される、ということになるが。

通常このような場合、これはレイプ(陵辱)というのが相応しいだろう。

→ 調教動画はこちら

調教とレイプの違いは

レイプは嫌がる女性を強引に犯してゆく様子を言う。はたまた調教とは必ずしも女性が嫌がる場合だとは限らない。

女性が自ら調教される事に快楽を感じる場合もある。

また、調教する男性からすれば、調教される女性がいつしか自分の意のままにに従うようになることを目的に行われる。

これはレイプとは明らかに違った行為である。

レイプはあくまで一過性の男性の快楽の為に行われる行為である。
これに対して、調教は男性から女性に対して継続的におこなわれる、従順な女性になるという願望を秘めた快楽の表現である。

またレイプと違い、調教は女性が必ずしも嫌がっているとは限らないのである。

→ 調教動画はこちら

調教とSM

属に言うSMとはつまりサドとマゾ。責めるかことを快楽に感じるか、責められることを快楽に感じるか、ということであるが。

これらの快楽の表現の一つとして『調教』という手法が用いられる。

女王様と奴隷の関係のように、責める側の快楽と責められる側の快楽。
これらの2者が合意により行われるものがSM、『調教』という行為。

そして、それらを動画として撮影したものが調教動画ということになる。

→ 調教動画はこちら

調教の由来は

この男性が女性を調教するという考えはそもそも男尊女卑の考えから来ていると思われる。男性の女性を思うままに操りたい、という潜在的な欲求の現れだろう。

そもそも男性というものは征服欲が強く、物はもちろん人に対しても自分の物として服従させたい、という欲求があるのだ。

しかし人はものと違って単に所有すれば自分のものになるというものではない。

その人、個人個人の考え、思想、趣味趣向があるのが普通だ。
それを調教することにより、自分自身の好みどおりの考え、思想を植え付ける行為が調教と言えるだろう。

そして、その個人にたいして自分の思想、考え、好みを教え込み、それにそった行動を取る事を望む・・・。この男性には世界を征服したい、という征服欲、この征服欲が調教という行為に通じていると言えるだろう。

→ 調教動画はこちら

タグ

2009年11月04日 | 調教動画 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: columns

奴隷動画

奴隷動画とは女性を奴隷のように扱う動画のことだ。その内容はもちろん性的な従属を意味するものだ。
これらの女性を性的に従属させて男性の思う通りに扱う様子を撮影したのが奴隷動画と言えるでしょう。

→ 奴隷動画はこちら

奴隷動画は人間の欲望の現れ

現在の世の中で奴隷という制度はもちろん禁止されています。
しかしこれらの奴隷動画が一般にニーズがある、ということはそれらへの欲望が実際には人間の中にある、と言えるでしょう。

古来より人間が人間を所有すると言う制度、つまり奴隷制度というものが世界にはありました。それはつまり人間の本能には人間を物のように扱う事への欲求、快楽があることのあらわれでしょう。

奴隷であることは今も普通にありえる

人を奴隷のように扱う、自分の召使いのように扱う、

しかしこれらは実際のところ現代社会でも普通にあると思いませんか。

会社にで働くサラリーマンであればそのようなことを実感される方の多いのではないでしょうか。

いくら人間の尊厳が認められ、個人の自由が尊重されたこの現代社会であっても、人は人に仕えなければ生きてはゆけません。

もちろん職業選択の自由はありますが、実際どうでしょう?

誰もがほんとにい自分の人生や職業、生き方を自由に選んでいるといえるでしょうか?

現実問題としてほとんどの人がそうではないでしょう。

限られた現実の可能性の中で仕方なく今の人生を選んでいる、と言えるのではありませんか?

今の仕事、学校、状況がいやでいやでたまらなくても、何かの成約、しがらみ、条件のためにそこにとどまらざるをえない・・・。

つまりそのような状況が『奴隷』である状況であるということではないでしょうか。

奴隷である自分が奴隷から解放される方法

人はみな自由を求めます。自由である事が人間の本来の喜びですd。

しかし現実は人は自由ではありません。何らかの成約、条件、しがらみがまとわりついて自由ではないのだ。

その欲求不満、ストレスをかかえた人間は必ずその溜まったストレスをどこかに発散する必要があります。

たまったストレスは必ずどこかに発散される、入ったものはどこかへ形をかえながら抜けてゆく。それが自然の法則でしょう。

奴隷である現代人が自らのストレス、欲求不満を解消する方法としてこの『奴隷動画』というものがあります。

自ら奴隷であることを止むなく受け入れざるをえないことによる、欲求不満、フラストレーションを奴隷動画を楽しむ事により解消する。

ということだ。

→ 奴隷動画はこちら

奴隷動画の快楽

この人が人を物のように扱う奴隷動画について、なぜこんなにも男性の心をとらえるのでしょうか。

私が思うにそれは奴隷動画を好むその人自身が奴隷であることが原因ではないかと思います。

自分自身が日頃奴隷である、という深層心理へ溜まるフラストレーションが奴隷動画を見たい、という欲求へ走らせるのではないでしょうか?

奴隷動画には様々な種類がありますが、それらはすべて女性を思うままに扱いたいという思いが根底にあります。

女性を玩具のように、物のように扱うことによって自分自身が日頃、誰かの物のように扱われている事に対するフラストレーションを発散させている。

それは止めることのできない衝動となってその人の心の奥底から沸き上がってくる。

ということだ。

→ 奴隷動画はこちら

タグ

2009年11月03日 | 奴隷動画 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: columns

このメス豚がぁぁぁ!!

超過激なSM動画と言えばまずこのサイトが思い浮かぶでしょう。 SMマニアの方ならもうご存知の方も多いとは思いますが、

メス豚

→ このメス豚がぁぁぁ!!

このサイトは鬼畜、SMプレイをDVD並の高画質で楽しみたい方には最もおすすめのサイトだ。

料金も1ヶ月49ドルからとかなりリーズナブルだ。

動画のクオリティーも画質は3000kbpsとDVD並の高画質。 長時間、大画面で度迫力、リアルなSM動画を楽しむ事ができます。

もちろん全編、完全無修正動画だ。

SMマニアの方ならば必見のサイトですね。 → このメス豚がぁぁぁ!!

鬼畜超ハードSMと陵辱的ソフトSM

このメス豚がぁぁぁ!!では大きく分けて二つのバージョンの動画を楽しむ事ができます。

一つは鬼畜超ハードSMだ。

こちらはその名の通り、女性のおまんこをめちゃくちゃにいたぶりまくる超ハードなSM動画をお楽しみいただけます。
かなりエロ、グロな世界を展開していますので、コアなSMマニアの方は必見だ。

しかしSM動画の初心者の方にはこれらのハードSMは刺激が強すぎるでしょう。初心者の方は下記のソフトSMからお楽しみください。

そしてもう一つは陵辱的ソフトSMだ。

こちらについては今までの普通のアダルト動画に飽きた、もっと刺激的な動画を見てみたい、と思われるSMの初心者の方に向いています。

出演している女性はごくごく普通の女性ばかりだ。 それもかなり若くて奇麗な女性ばかりが出演しています。

こんな普通に街を歩いている奇麗な女性達が、見知らぬ男達に囲まれて、想像を絶するSMプレイを強いられます。

このメス豚がぁぁぁ!!は全編オリジナル動画

このメス豚がぁぁぁ!!で配信している動画は全編オリジナル動画だ。

完全撮り下ろし作品なので他のサイトでは決して見る事ができません。
ですので、SM動画コレクターの方は必須のサイトとも言えますね。

動画の内容は鬼畜かつ陵辱プレイを専門に取り扱っており、一本の動画、つまり独りの女性の動画はたっぷり2時間にも及ぶロングSMプレイとなっており、様々なSMプレイを楽しむ事ができます。

動画の画質はビットレート3000kbps(3Mbps),画面サイズは720×540pxと高画質、大画面。DVD並のクオリティでお楽しみいただけます。

このメス豚がぁぁぁ!!では高画質大画面の画像ぎゃらりーも豊富

画面サイズ1280×852pxの大画面、高画質な画像ギャラリーも豊富に取り揃えています。

もちろん全編、完全無修正の画像だ。

苦痛に歪むメス豚たちの表情をお楽しみいただけます。

→ このメス豚がぁぁぁ!!

タグ

2009年11月03日 | このメス豚がぁぁぁ!! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: columns